08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

洗濯動線と風呂動線

2014/02/13
2階に風呂と洗面を持っていった場合の、家事動線についてご紹介します。


賛否両論ある2階風呂ですが、私はとっても気に入っています。



2階間取りはこちら

2階間取

ピンクの線がホスクリーンと物干しです。





普段、1階にもひとつ洗濯カゴを置いています。
P1470842.jpg




こちらの洗濯カゴに、普段出るちょこちょこした洗濯物を放り込んでいます。幼稚園から帰ってきて脱いだもの、キッチン・1階洗面の手拭きタオルなど。


洗濯するときはカゴを持って階段を上がって・・

P1470823.jpg

階段を上がると、奥に部屋干しスペースが。
P1470824.jpg
P1470826.jpg

寸足らずのカーテンは、ご愛嬌ヾ(´▽`;)ゝ
上に2本、ホスクリーンが設置されています。


※普段はハンガー類がぶらさがりっぱなしです。
 色とりどりのプラ製で
 あまりにも見た目があれなもんで撮影用に外しました。
 オールステンレスで揃えたいなぁ・・

正面の掃き出し窓を出ると、ベランダです。


右を見ると・・・

P1470830.jpg

洗面、そしてお風呂場が。


左を見ると
P1470829.jpg

フィッツケース×2

ここに、家族全員分のパジャマと下着、オムツ、タオル、息子たちの保湿剤、皮膚科の薬が入っています。

お風呂に入るときはここから下着とパジャマを出して


P1470831.jpg

このダイワさんオリジナル収納ユニットの真ん中のオープン棚
P1470841.jpg

のところに着替えを置いて、お風呂に入ります。
(息子たちの着替えは、フィッツケース前の床のコルクマットのところに置いておく

脱いだものはここに吊るしてあるニトリの洗濯カゴ(袋?)に。
左におしゃれ着洗いで洗うもの、右に普通の洗濯物、と分けています。


この収納ユニット、便利です。

こんなふうに洗濯袋をバーに通して吊るしておけば、床掃除がとっても楽です!
よくあるキャスター付きの2段になっているカゴだと、カゴを置く部分にホコリが積もりやすくて嫌だったので。


このバー2本は好きな高さに移動可能です。

ダイワさんのサイトからパーツを追加注文すれば、棚やバーを追加することも可能です。


お風呂から上がったら、息子たちはフィッツケース前のコルクマットのスペースで寝かせて薬を塗ったり、座って着替えたりのびのびできます。

特に長男は肌が弱いので、産まれてからずーっと風呂あがりに全身にプロペト(ワセリンみたいにベタベタしたもの)を塗ることが必須作業なので、床に座れるスペースがどうしても必要で、このようにコルクマットを敷いています。
フローリングやクッションフロアにプロペトのベトベトが直接つくのは、想像するだけでギャーとなります(笑)



1階にお風呂があればリビングでゆっくり肌ケアをするところなのでしょうが、2階お風呂を考えていて小さなお子さんがいる方は、お風呂がらみの生活パターンのことはじっくり考えた方がいいと思います♪




あ、そういえば1階の洗濯カゴを持って洗濯しに2階に来たのでした。




洗濯が終わったら、物干しスペースに干します。


廊下に1つ蓄暖があるので、生乾き臭もせずカラカラに乾きます。


乾いたら、一気に取り込んであとで畳む・・のではなく、
フィッツケースの天板の上で家族別に分類しながら、畳みながら、即ケースの中に収納。


立ったまま畳めるように、ちょうどいい高さのケースを置くことを前提に、コンセント・スイッチの高さも計算しています。


パジャマや下着以外の洗濯物は各部屋のクローゼットへ。



干して畳んでしまうのが1箇所でできるのがかなり便利なので、大きなファミリークローゼットを物干しスペース隣にでも作ればよかったかなぁという気もしていますが、それなら各部屋のクローゼットの大きさはすっごくちっちゃくていいのか?わからず、勇気がありませんでした。



ちなみに、この左側のドア
P1470829.jpg

ここがいずれ次男用の部屋になるのですが、現在は1階キッズスペースに置きたくない滑り台や大きなボールを置いています。
ポケモンカレンダーやスーパーマリオのポスターなどのガチャガチャしたものを壁に貼ったり。


私が洗濯など家事をしていて子供達が寂しがるときは、この部屋で遊んでもらっています。



2階で洗濯することの、うちにとってのデメリットは、
〇子供がさみしがる(特に長男はストーカーのようについてくる笑)
〇たまに洗濯機が洗い終わったことを忘れる
〇子供達が成長して野球部とかに入ったら、どろんこのまま2階に行かないと風呂に入れない

メリットは
〇洗う、干す、畳む、しまうまでの動線が短く済む(ベランダもすぐ出れる)
〇1階に生活感が出ない
〇1階リビングを広くとれる(これが一番の希望だったので)


です。


老後の足腰が心配っていう声もよく聞きますが、どっちみちその頃にはリフォームの必要な時期でしょうから、そのときのベストを考えます。




長くてわかりにくくなっちゃいましたが、我が家の洗濯&風呂動線のおはなしでした♪♪




更新の励みになります。
「読んだよ」のしるしに、ポチッとお願いします☆

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
12:42 洗面・お風呂 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。