10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

間取りの打ち合わせ pyoko案

2013/11/08
前回の続きです。

私の要望をほぼそのまま取り入れて作っていただいたのが、こちら。



1階

P1420875.jpg


2階

P1420877.jpg



こちらの図面から、何箇所か修正したので細かいところは変更になっています。

本決定の図面がこちら


1階

P1420880.jpg


2階

P1420881.jpg

み・・・見づらい!!

コンセントや照明など細かい記号も入っているので見づらいですね。




1階はできる限り広くとったLDKがポイントです。

そのために、いかに廊下を少なくするかを考えました。


贅沢を言えば玄関ホールや玄関収納も広々確保したかったのですが、
スペース的に難しかったです。

お風呂を上に上げた分、玄関脇そしてトイレ近くの手洗いは設けないといけなかったので・・・。

玄関収納の中にエコキュート様が鎮座しています。

なので実際の収納部分は少~しです。



子供たちがまだ小さい(しかも男子)ので、玄関から帰ってきたらすぐ手洗いうがいができるようにしました。

将来部活などで泥んこになることを考えると、玄関入って即風呂場があるといいのでしょうけど。


一応リビング階段なのですが、廊下側のドアを開ければ(基本開けっ放しです)家族と顔を合わせなくても2階に行けてしまうシステムになっています(笑)


それではリビング階段の意味がないって?暖気が逃げるだけだって?はい、そうなのです(*^_^*)

本当は廊下はいっさいいらないので、キッチン脇の引き戸も階段下の開き戸も不要だな~と考えていたのですが、トイレの音が気になるかも知れないと思って一応戸を付けたら、リビング階段がリビング階段風になっちゃいました。



いいんです。将来、息子たちが思春期になったら家族と顔を合わせたくない日もあるでしょう。

彼女を連れてくる時もあるでしょう。

そんな時、挨拶はできるけど気分によってがっつりリビング内を通らなくても大丈夫な導線は、私が思い描く親子関係としてはちょうどいいのではないか。




と、後付けながら考えています。




リビング内の配置は、私がキッチンに立ちながらテレビが正面に見えるのが希望でした。

ソファを中央に置いて、正面にエコカラットがあってテレビがあって・・・

左右対称で美しい風景を眺めながら家事をしたかったのです。

なので、正面に窓があって右にソファー左にテレビ、みたいな配置はあまり好みではありません。


南東には窓をできるだけ広く設けました。


ダイニングにはパソコンスペースがあります。

これがなければもっと広く感じるのでしょうけど

パソコンスペースの右の太い柱。これが抜けない柱でして

こちらの内部を、無落雪屋根の中央から落ちてくる水が通るのだそうです。

どうせどかせないならとパソコンスペースにしました。



もうひとつ、抜けない柱が。

キッチンのIHコンロ前の柱(壁)です。

オープンなキッチンが希望だったのですが

この真上にお風呂場があるため、この場所にしか配管が通れなかったのです。

これについてもゴネましたが、どうしても動かせませんでした。


で・・でも。やっぱりコンロの前に壁があったほうが!油はねとか気になるし!

と、無理やり自分を納得させています。

ここに壁ああると途端にアパート感が増すんですよね(-_-;)




そして、4畳半の和室。

リビングと和室のつながりは、広々見えるようにかなりこだわりました。

L字に開口部があり、ライトスルースクリーンで必要に応じて間仕切ります。

6畳あったほうがよいのでしょうが、リビングの広さを優先させました。

我が家には泊まりのお客様はほとんど来なく、せいぜい実家の両親くらいなので

独立した和室は設けませんでした。

しばらくは、両親が来ても2階の子供部屋を客間にし、

こちらの4畳半はキッズルームとして使います。




長くなったので2階は次回♪♪


ランキング参加しています。
ポチッとお願いします☆

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
14:48 家づくり 間取り | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。