10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2016ランドセル トヤマかばん店

2015/09/13
こちらも結構個性的なお店だなぁと思います、トヤマかばん店。

http://www.toyamakaban.jp/



こちらのお店は、背あて・内装の色が6色、ステッチの色はなんと23色から
自由に選べます。
土屋や中村は決まった色合わせしかないので、いろいろ想像しながら
決められるのは楽しいですね♪



これが好みです。黒×ベージュ。
kuro_beju_beju_250.jpg


こちらは黒×背あて・内装とステッチがブルー。

a href="http://excel10191020.blog.fc2.com/img/2015091313121251c.jpg/" target="_blank">250P1000546[1]


背あて側の画像はこちら。

250_kuro_s[1]

この画像・・・一時期話題になった、青黒に見えるか白金に見えるかのドレスの画像みたいじゃないですか?笑
色がわかりづらい(>_<)


トヤマはカタログやHPより現物の方が色合いが深くて素敵という話を聞くので、
気になる方はぜひ現物の見本を見てみるのがいいと思います。


お店まで行けない方には見本を送ってもらえます。

が、もちろんどこにでもホイホイ送るわけではなく。


まずは革見本+糸見本+背あて色見本+カタログ+DVDのセットを
800円で買います。
そのセットの中に「見本ランドセル申し込みハガキ」が入っているという仕組み。


800円て高い(;´Д`)と思いましたが、現物見本が見られるなら安いものですね。


私はDVDの内容が気になったので800円払って取り寄せました。
トヤマの店長さんみずから細かいところまで説明してくれていて、参考になります。
でも、HPにたくさん載っている動画でもかなり詳しく説明しているので、そちらもおすすめ。

デザインは、鋲が4つあり、横のシンプルなステッチも土屋鞄に似ているかもしれません。
店長が元土屋にいたという情報も目にしましたが、どうなんでしょうね?

でもなんとなく見た目のフォルムが違うのは、かぶせが長めにされているから。
長い分たわんでいるので、コロンと丸い形に見えてちょっとかわいいです。

かぶせを長くしたのは、小学生を見ていると体操服とか折り畳み傘とか、
かぶせと本体の間にいろいろ詰め込んでいる子をよく見かけるのであえてそうしたそうです。

なるほどーと思いましたが、ちょっと引っかかるのが横からの見た目。


kuro_beju_beju_250.jpg

上と同じ画像ですが、たわみの分、かぶせの裏側の時間割まで丸見えなんです(;´∀`)


DVDでランドセルのフィット性を確かめるために小学生が走っている場面があるんですけど、
どれだけフィットしているかより時間割がずーっと見えていることのほうが気になってしまいました。


変わったところでは、ツートンカラーのデザインのものがあります。

towtonetop.jpg

現物見てみたいなぁ~!


サイズは横22.3、高さ30、大マチ11ですので小さ目です。
が、重さはしっかり1500gもあります。

DVDを見ると、品質重視であえて軽くするようなことはありません!とのことです。


親としては軽さや大きさがほしいですが、
丈夫さや品質を重視するならばやっぱり、小さ目×重めなランドセルなんだろうし
どちらを重視するか、悩みますよね~!


次回は、結構お得!な天地堂のご紹介です。




更新の励みになります。
「読んだよ」のしるしに、ポチッとお願いします☆
家ネタじゃなくてすみません(>_<)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村














スポンサーサイト
14:05 2016ランドセル | コメント(0) | トラックバック(0)

2016ランドセル モギカバン

2015/09/11
群馬の鞄屋さん、モギカバンです。

http://www.mogi.me/
top_main01.gif
トップページのイラストがゆるくてかわいいです。


職人手作りのランドセルがいいけど、機能もほしい!という方にお勧めです。


前回ご紹介した大峽コラボモデルのインペリアルの他にもよさそうなランドセルがたくさんあります。


モギカバンの特徴は、最近多い型押しの牛革(土屋のような)ではなく
つや消しスムース牛革であること。


型押しだと確かに傷はつきにくいが、凸凹がある分革が白っぽく見え、
革本来の風合いが無くなってしまうという理論。


型押しがいいかスムースがいいかは、これはもう好みだと思いますが
私は型押しの方がなんとなく安心かなという気がします。
うちは男児なので・・・(;´Д`)


あとは私が油手(笑)で、インペリアルを触ったときに油断して指紋を付けてしまったので。
もちろん拭いて取れましたがちょっと最初は気を使いそうです。


また、内装にもこだわり、アメ豚使用です。
point_slide3_1.jpg

オレンジの内装って古臭いと思っていましたが、最高級の証らしい!


機能も充実しています。
モギカバンはすべての商品がA4フラットファイル対応。
point_kinou1.jpg


その中でもこちらのユニバーサルは、特にでかいです。
top_universal.jpg

幅24×高さ31×大マチ13なので、池田屋より大きいです。
小マチの奥行もしっかり取ってあるので、
一番大きいだろうと思っていたコクヨ×あんふぁんのランドセルより大きい。
とにかく大容量!という方、必見です。




point_kinou7.jpg
反射材や反射鋲も。

point_kinou4.jpg
そして自動ロック。

小さいポケットにはしっかり隠しフックも付いているし、
手作りをうたっている中では、結構イマドキな機能を備えていると思います。


親としては別にいらない(笑)けど
息子が食いついたのがこれ。
bnr_pre2.jpg

うちの場合、シルバーを欲しがった時期があったので
「ミニランドセルはなんでも好きな色を選びなよ!」と言ったら
あっさり、ミニランドセルはシルバーにしてホンモノのランドセルは黒♪と納得していました。
(結局モギじゃないところにしたのでもらえないんだけど・・・すっかり本人忘れている。)

使用後のランドセルを掛け時計にするという変わった有料サービスもありますよ。
cate_watch1.jpg



次回は、トヤマかばん店のご紹介です。


更新の励みになります。
「読んだよ」のしるしに、ポチッとお願いします☆
家ネタじゃなくてすみません(>_<)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村






20:09 2016ランドセル | コメント(0) | トラックバック(0)

2016ランドセル 大峽コラボいろいろ

2015/09/07
大峽製鞄とのコラボで出しているランドセルいろいろ。


三越伊勢丹限定で売っている大峽は、シンプルながら取っ手付きです。
0432015003491an_1.jpg

取っ手はデザイン的に付いていない方がいいという声も多く聞かれますが、
私はなんとなく付いている方が好きです(*^_^*)


そしてこれこれ。同じく三越伊勢丹限定の、コキチカ×大峽製鞄。

img_02_4.jpg

これ、すごくかわいくないですかー!!

変わったデザインには消極的な私。でもこれすっごく欲しい!
紺×ベージュの色味が♡♡


でも、7月1日発売開始で8月には即完売だったようで・・・
来年も出るかな?


こちらはこどもビームス×大峽製鞄。
img_randoseru_03.jpg

金具部分に「こどもビームス」の刻印があります。



こちらは老舗。大隈鞄でも大峽が作ったランドセル、あります。
hp_ova.jpg
うさぎのマークがクラシック。
昔ながらのランドセル、なイメージですね(^_^)


コキチカは違いますが、やっぱり本体をぐるりと囲む反射材が大峽の目印な感じ。


そして、モギカバン×大峽製鞄。その名も「インペリアル」
1_000000000001.jpg


写真のでかさにお気に入り度があらわれています(^^;;
このインペリアル、すごくいい!と思って。

でもモギカバンは群馬の鞄屋さん・・・うちからは遠く、現物が見れない(+_+)

ダメ元で問い合わせしてみたら、現品を送ってくださいました!
返送のときは送料はこちら持ちですが、とっても親切(*´▽`*)

じゃーん。
P1630174.jpg

やっぱりカタログで見るのより、現物見るとテンションも上がります!

ショールームや工房が近くにある地域の方、うらやましいです・・・


P1630171.jpg

P1630169.jpg


近くの量販店でランドセルを見たときは「おもちゃっぽい?」と感じるものが多く、
このインペリアルはやっぱり本革だけあって高級感があり、
息子の求める機能も全部クリア。


息子も「これにする!」と言っていたのですが、土壇場でやっぱり決めかねたのは
重さ1350gで少し重いかも?と心配したこと、
雪が心配でやっぱりクラリーノにしておくほうが無難なのかもと思ったためです。

あとは、モギカバンは、ボルサなどの型押しの牛革はオススメしておらず
すべすべのスムース牛革推し。
カタログで比較して土屋鞄と思われる商品をサゲています。

確かにスムース牛革は美しいのですが、ボルサなどにくらべてやっぱり傷が心配でした。


あとは、息子はちょっと細身で超なで肩。
ちょっとベルトが浮いているような気がして。


なのでせっかく送っていただいたのですが、他のもの(最初の記事に書いたところ)にしました。


でも、でもでもとっても素敵なランドセルでした!
他の商品は見ることができませんでしたが、大峽製鞄間違いなし!と思います。

もしかしたらここに載せた以外にもコラボしているものがあるかもしれませんね♪



次回はインペリアル以外も良さそうだった、モギカバンについてです。


更新の励みになります。
「読んだよ」のしるしに、ポチッとお願いします☆
家ネタじゃなくてすみません(>_<)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村














21:26 2016ランドセル | コメント(5) | トラックバック(0)

2016ランドセル 大峽製鞄

2015/09/05
皇室御用達、大峽製鞄です。

リンク禁止でしたので、パンフレット画像のみです。
P1640511.jpg


「皇室ご愛用こだわりの銘品図鑑」「愛子さまの『お持ちもの』」に掲載されているそうで、
歴代の総理大臣も使用したという大峽製鞄のランドセル。


最高級品、との噂を聞きましたがパンフレットは意外なほど質素です。

HPも、今までご紹介したシャレオツな工房から比べるとあまりの質素さにちょっとビックリしてしまいます。


HPなどに力を入れる必要がないのでしょうし、
きっと、現物を見るのが一番なんだと思います。


P1640512.jpg


さすが、150000円の総コードバンが一番最初のページに。

コードバンはとても手が届きませんがすべすべで美しいですね!


全部が全部お高いのかと言えばそうではなく

P1640513.jpg

クラリーノ40000円~あります。


他の方の口コミでは、とにかく縫製と素材が良く、間違いないと。


デザインでは本体にぐるりと反射材が一周しているところが特徴的だと思います。
老舗ですが、きちんとA4ファイル対応のタイプもあります!


ただ、うちの条件にある取っ手付きのものがなく・・・


でも、意外と大峽製法は他社とコラボしているものが多いのです。
そのあたりは柔軟なのですね。


大峽いいな、でも機能やデザイン性がもうちょっとほしいな、という方にはコラボ品がオススメ。
実際我が家が実物を見て決めそうになったのも大峽×モギカバンのコラボなんです。


次回、コラボ商品について詳しく書きます♪


更新の励みになります。
「読んだよ」のしるしに、ポチッとお願いします☆
家ネタじゃなくてすみません(>_<)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村








18:14 2016ランドセル | コメント(0) | トラックバック(0)

2016ランドセル 黒川鞄工房

2015/09/01
今回は黒川鞄のお話です。

http://www.kurokawa-kaban.com/randoseru/

残念ですが、2016年入学用のランドセルは8月30日で販売終了したそうです。

やっぱり早いですね!次年度以降、狙っている方はお早めに!!

h1_ttl_pc_001.jpg





黒川鞄は、硬派なイメージ。カタログも華美ではなく、表紙にもブラックを使用しており
「ほっこり」な感じはないです。
でもこのシンプルさがかっこいい!内容も見やすくシャープで、とても好感が持てます。

土屋鞄や池田屋なんかは有名な分アンチも多いなと感じるのですが、
黒川鞄工房は悪い口コミを見かけない。
なんとなくカタログから、その理由がわかるような気がします。

そして鞄屋さんとしては珍しい?のかな?富山県の工房です。

カタログにも「雪国仕様」(本革でも雪や雨に強い)との記載があります。
そうそう、やっぱり雪国育ち&雪国在住のものとしては革へのダメージ、気になります。


プレミアムエディション、スタンダードエディション、モダンエディションと3ラインあり
それぞれ、ニーズに合った機能やサイズ展開になっておりバランスがいいなぁと感じます。
例えば本革のクラシックなものはサイズも小さ目、四角の雨で濡れにくい小ポケット、
モダンエディションはクラリーノでワイドサイズ、自動ロックにラウンド型ポケット、など。

ランドセル選びは素材&作りを取るか?機能を取るか?みたいなところあるので、
品ぞろえがかゆいところに手の届く感じでした。

実際、最初牛革で考えていたときも、途中からやっぱりクラリーノ、となったときも
黒川鞄にはちゃーんと、その時々の考えに合った商品があったのでした。

img_standard_cowhide_l_main.jpg

牛革で推しているのはシボ牛革。傷が目立たなそうで高級感もあります。
牛革ベーシックで48000円。

h1_ttl_pc_003.jpg

この「黒川鞄工房」の字体が好き(笑)




img_modern_clarino_w_main.jpg

最後の方で迷ったのはこちらのクラリーノでした。
こちらも48000円。工房にしては珍しく自動ロック。
これでなー、後ろに反射材のラインがあればなー。(なぜか息子のこだわりポイント)

黒川鞄にはリフトハンドルと呼ばれる取っ手が付いている商品が多いです。

取っ手は、「お母様がランドセルを運ぶときに便利」などと説明しているメーカーもあった気がしますが
親は運ばないでしょう・・
でも、教室のロッカーからランドセルをひょいっと引っ張り出すときには確かにあった方が便利だと思います♪


変わったところでは、こんな形もあります。
img_sec12_premium_long_boy_black.jpg

長冠コードバン118000円。かぶせがランドセル全体をくるりと包み込むような感じで、おもしろい!

角になる部分、傷付きやすいような気もしますが・・・


※コードバンは我が家の選択肢に入っていなかったので、情報少ないです。ごめんなさい。。




次回は、機能にこだわるならここ!な池田屋です。


更新の励みになります。
「読んだよ」のしるしに、ポチッとお願いします☆
家ネタじゃなくてすみません(>_<)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村












22:31 2016ランドセル | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。